ぞいやのポケモン研究所

ぴっぴかちゅう

剣盾ダブル S33 最終95位(レート1850) コジョバドザシアン

ムロロ〜ン。

ぞいやです。

ポケモン剣盾シーズン33(2022.8、GSルール)のダブルバトルで最終95位を達成した黒馬バドレックス構築を紹介します。

後述のレンタルパーティ発見やダブル勢になってから初のWCS視聴でモチベーションが上がっていたので、2桁に入れて嬉しいです。

レンタルパーティ紹介

※レンタルパーティは告知なく提供終了する場合がありますがご了承ください

 

構築経緯

前月のランクマ最終2位の方がコジョンドを採用していると知り興味が湧き、レンタルをお借りしたところから構築スタート。

コジョンドは私も昨年のダイマ無しルールで使ったことがあるが、ダイマ有り環境でもやれるのか?と疑問だった。しかし、ちゃんと強かった。禁伝の全体技をワイドガードで、ダイマ技をサイドチェンジで透かして隣の黒バドやザシアンを通せるし、自身のインファイトも威力120で火力満点だった。

元々2位を取れるほどの構築なので完成度は非常に高いが、ぞいやのプレイングではサンダーを使いこなせず、この枠を再検討することに。

サンダーの枠に求められる要素は対イベルタル性能とダイジェットである。そこで、タイプが同じ電気/飛行で1年半ほど愛用しているボルトロスへ変更した。サンダーとボルトロスを比較すると以下の通り。

 

サンダー

ボルトロス

S種族値

100

111

特性

せいでんき

まけんき

物理or特殊

特殊

物理

炎技

ねっぷう

×

格闘

×

かわらわり、ばかぢから

悪技

×

イカサマ、かみくだく

回復技

はねやすめ

×

ダイマ性能

△(?)

対ザシアン性能

イベルタル性能

ガオガエン性能

普通

 

ボルトロスにはかわらわりによる壁対策、ダイナックル、ダイアークによる味方補助、相手ガオガエンのいかくで火力上昇等の芸当ができる。一方、相手ザシアンにはやや弱く、非ダイマ状態では技のクセが強く扱い難いといったところである。本構築では電飛闘悪フルアタのチョッキボルトロスを採用した。イベルタルのダイアークやカイオーガのダイストリームをしっかり耐えて2回以上行動できる点が魅力である。

次にトリトドンの枠を再検討した。トリトドンの役割は対カイオーガ軸や対トリルあたりだが、実際に対戦を重ねてみると、

カイオーガ軸には草タイプ(ゴリランダー、カミツルギ)が採用されることが多い

・トリル軸はモロバレル対策にカプ・レヒレやダイサンダーが採用されることが多く、あくびが刺さらないことが多い、そもそも相手モロバレルに胞子を撃たれる

ことから、トドンを投げとけば安心というわけにはいかなかった。

ダイマオーガの処理ルートは黒バドコジョンドザシアンのホロウビートまたはダイマボルトロスがある為、これだけで十分と判断した。

トリル対策は色々試してみた。

エルフーンの挑発、アンコール→相手がイエッサンでサイコフィールドを展開したり、メンタルハーブを持っていたりして対策として安定せず。

・トリル返し→返した後すぐ倒さないと、トリル返し返しされて意味なし。

・オーロンゲで壁を貼って耐え切る→そこそこ上手くいった為採用。

また、本構築は相手のおいかぜで上を取られる欠点もあったが、トリル同様に壁を貼って凌ぎ切る選択肢が増えた。

 

個別紹介

ポケモンステータスの略称(HABCDS)を用いる。

実数値・努力値順序はH-A-B-C-D-S。

 

f:id:ganbaranzoiya:20211107141748p:plain

バドレックス(黒馬)@こだわりスカーフ

性格: ひかえめ

技: アストラルビット/マッドショット/はかいこうせん/トリック

実数値: 175-X-124-220-120-196

努力値: 0-0-188-116-0-204

調整意図

HB: A220ザシアンの+1きょじゅうざん14/16耐え

C: 11n

S: 環境にいる大体のザシアンより高い

元構築の努力値そのままだが、BとSラインが絶妙でそのまま使い続けた。ダイマしてコジョンドやザシアンとホロウビートしたり、スカーフビットで掃除したり、先発後発問わず活躍した。黒バドがダイマする試合展開で相手にダイジェットを撃たれて上から制圧されるのを防ぐため、ダイアタックを撃てるようにした。トリックはダイウォール用で、一度だけポリゴン2に撃った。

 

ザシアン@ふとうのけん

性格: いじっぱり

技: きょじゅうざん/インファイト/でんこうせっか/まもる

実数値: 185-231-136-X-136-194

努力値: 140-156-4-0-4-204

調整意図

H: 6n-1、A244ザシアンの+1きょじゅうざん耐え

A: 11n、B4振りダイマイベルタルをきょじゅうざん+でんこうせっかで約70%撃破(急所未考慮)

S: 余り。環境の多くのザシアンより少しだけ速い(主観)。

黒バドレックスの相棒。おにび等の補助技を採用していない黒バドは相手のダイマへの対応力に乏しいが、きょじゅうざんのダイマ特効がカバーしてくれる。でんこうせっかのおかげでザシアン耐え調整している相手を狩ることができ、イベルタルのふいうちを縛り返して黒バドを通す動きも可能。

 

ボルトロス@とつげきチョッキ

性格: ようき

技: ワイルドボルト/そらをとぶ/かわらわり/イカサマ

実数値: 155-166-91-X-101-179

努力値: 4-244-4-0-4-252

調整意図

HD: チョッキ込みでC222カイオーガの雨ダイストリーム(威力150)を確定耐え

黒バドと共に今まで使い倒してきたポケモン。まけんきにより相手のダイアークを強烈に牽制でき、黒バドが苦手とするイベルタルに強い。黒バドザシアン構築に対し、相手は引き先としてガオガエンを後発に置くことが非常に多く、これに合わせてボルトロスを黒バドコジョンドの後発に添えるのも強い。かわらわりで壁を破壊して黒バドを通すこともできる。コジョンドと並べてダイナックル+インファイトビートも一考。

 

f:id:ganbaranzoiya:20211107141719p:plain

コジョンド@きあいのたすき

性格: ようき

インファイト/ねこだまし/サイドチェンジ/ワイドガード

実数値: 140-177-80-X-81-172

努力値: 0-252-0-0-4-252

調整意図

特になし

ダイマルールで強かったが、ダイマ有りルールでも強かった。今回、黒バドが襷を持っていない為、相手の襷黒バドとのミラーマッチで本来不利を取るが、ワイドガードで守ることができる。サイドチェンジの枠はがんせきふうじやフェイントも検討したが、あまり役立たなかった。

 

f:id:ganbaranzoiya:20211107141422p:plain

ガオガエン@ふうせん

性格: わんぱく

技: フレアドライブ/DDラリアット/ねこだまし/すてゼリフ

実数値: 202-136-138-X-126-81

努力値: 252-4-124-0-124-4

調整意図

HB: A244ザシアンのインファイトを確定耐え

HD: 余り(正直なところ、耐久調整はフィーリングで行った)

ザシアン、グラードン、白バドレックスに後投げしまくる枠。グラードンや白バドへの後投げを安定させる為、ザシアン→ガエン引きの際地面技が一貫しないようにふうせんを持たせた。効果的面で、ふうせん透かしにより1ターン稼げてトリルを枯らせた試合もあった。

 

オーロンゲ@ひかりのねんど

性格: しんちょう

技: ソウルクラッシュ/リフレクター/ひかりのかべ/こわいかお

実数値: 202-140-103-X-121-80

努力値: 252-0-140-0-116-0

調整意図

去年からよくあるやつです。

HB: A222ザシアンのきょじゅうざんを壁込みで確定耐え

HD: C222カイオーガの雨ダイストリーム(威力150)を壁込みで15/16耐え

トリル相手に壁を貼って5ターン耐える為の枠。ぞいやはオーロンゲの扱いが下手なのでその他の構築への選出率は低かったが、本当はもっと色々できるポケモンだと思う。でんじはでなくこわいかおを採用した理由は、ワンチャン味方に使ってS操作できないかと考えてのことだったが、その機会はなかった。

 

選出パターン・立ち回り

先発→後発

 

・基本選出

         or

黒バドをダイマさせ、隣のコジョンドで守りながら戦う。

レジエレキとの対面時、今シーズンのレジエレキはまずダイジェットは撃ってこなかったので、ダイアタックから入るかダイホロウorアース+後発ザシアンのでんこうせっかで落とすか、他のポケモンとの兼ね合いで通せそうな方を選ぶ。

黒バドをダイマさせるプランでも後発ボルトロスを検討すると良い。相手視点では、コジョンドさえ倒せばガオガエン投げが安定するように見えるので、コジョンドと相手ポケモンが同ターンに倒れた際、ボルトロスを死に出しするとガエンが釣れる。壁を張られていても破壊できるし、ホロウビートにも参加できるので便利。

 

・対カイオーガその1

         or

壁オーガ構築ならこの出し方。オーロンゲ等をねこだましで止めながら、ダイホロウをカイオーガに撃つ。2ターン目はオーガにダイホロウ+オーロンゲにインファイト

@1はゴリランダー、カミツルギ、ザシアン対策のガオガエンか、相手ガオガエン対策のボルトロス

 

・対カイオーガその2

         

トルネオーガならこちらの選出。

ねこだましとダイジェットをトルネロスに重ね、耐久無振りなら落とせる。耐えたり守られたりしたら、2ターン目はサイチェンダイジェットで3ターン目の行動に繋げる。

 

・対グラリザ

         

相手の初手がロンゲリザならダイホロウとインファイトリザードンに集中させる。相手が初手ダイジェットから入ってきたら、2ターン目はサイチェンダイアタックでSランクを下げにいく。

 

・対イベルタル

or         @1

相手の先発はイベルタル@1が多いので、ダイジェットの撃ち合いで負けないようボルトロスから先発させる。ザシアンも先発が望ましいが、相手にレジエレキがいる場合はコジョンドねこだましから入り、ザシアンは後発に置く。

 

・対白バドパルキア(他のトリルもこれをベースに考える)

         

相手がイエッサンパルキアから入ってきた場合、ひかりのかべ+パルキア方向にきょじゅうざん(イエッサンに指で吸われてもよい)。2ターン目はまもる+パルキアにソウルクラッシュ。ここまででイエッサン瀕死→白バド死に出しの場合、3ターン目はザシアン→ガオガエン交代+パルキアにソウルクラッシュ。この通りに進行しないことも多いが、とにかく5ターン耐えて反撃する。


最後に

いつも使っている黒バドとボルトロスは勿論ですが、まさか再びコジョンドと最終2桁入りできるとは思っていなかったので嬉しい限りです。

嬉しすぎてポケモンセンターオンラインで木彫りの像バドレックスを予約しちゃいました! 8,800円・・・ゲーム本編より高いですね・・・

www.pokemoncenter-online.com

 

ケーキ屋さんで買った動物ケーキです。

うさぎでしょうか?かわいいですね❤️